開業される方
開業スタイル
居抜き物件とは
開業資金について
開業までのスケジュール
店舗運営サポート
店舗を貸したい方
閉店・移転をお考えの方
閉店コストの節約方法
店舗売却の流れ
不動産の売買をお考えの方
成約実績のご紹介
コラム

サイトマップ プライバシーポリシー

お問い合わせ

ホームページに掲載できないシークレット物件も多数ございます。お気軽にお問い合わせください。

開業される方
お問い合わせ
店舗を貸したい方 閉店・移転をお考えの方
お問い合わせ
不動産の売買をお考えの方
お問い合わせ

お問い合わせダイヤル

ホームページに掲載できないシークレット物件も多数ございます。お気軽にお問い合わせください。

物件IDをお伝えください。
06-6881-8100 受付時間:10:00 - 19:00 (日祝除く)
  • 飲食店の開業にはどんな家具や設備が必要?(2)
    #店舗設備#開業準備

    2019.10.24

    ――前回、家具や照明の選び方を聞かせていただいたのですが、今回も引き続きお話いただけますか?選ぶ際のアドバイスは少しでも詳しく知りたいです(笑)

    添縁 はい。大丈夫ですよ。ただ、わたしたちは不動産のプロですが、家具・照明のプロではないので、どこまでお力になれるかわかりませんが(笑)

    ――わかりました。では、色々な店舗をご覧になられてきた不動産のプロのご意見を、わかる範囲でお願いします(笑)

    添縁 はい。承知しました。

    ――前回お話の途中で出てきた、蛍光灯やLEDについてですが、電球によっても違いがあるんでしょうか?

    添縁 そうですね。飲食店で良く使われている蛍光灯やLED、白熱電球の違いというと、明るさや色、光の広がり方などもありますし、もちろんコストも変わってきます。白熱電球やハロゲン球は比較的安価なものが多いですが、消費電力は高く、寿命が短いと言われています。逆にLEDは価格は高いですが寿命は長いです。とはいえ、最近のLEDは今までよりも比較的安くなってきて、照明設備として取り入れている店舗様も増えてきていますが。

    ――なるほど。お店の雰囲気やイメージに合わせて選ぶだけでなく、コストを考える必要もあるわけですね。

    添縁 はい。消費電力の多い少ないで電気料金は大きく変わってきます。例えば、発熱量の少ないLED照明を選べば、空調費用の軽減にもつながります。さらに、長時間営業や面積の広い店舗で導入した場合は、大きなコスト削減効果が見込めるわけです。そんな風に様々な想定をしながら、全体のバランスを考えて選ぶのが大切でしょうね。

    ――なるほど。自分のお店のコンセプトやイメージを大切にしながら、お客様が過ごしやすい店内を演出し、さらに、電力コストのことも考えて選ぶわけですか。かなりハードルが高いですね(笑)

    添縁 はい。そうですね(笑)。わたしたちもできる限りご相談に乗りますし、専門の業者のご紹介もいたします。じっくりと時間をかけて、納得できるものを選んでいただければ良いと思いますよ。

    ――ありがとうございます。飲食店開業にあたって、他に欠かせない設備としては、厨房設備や厨房機器だと思うのですが、それらについて何かアドバイスはありますか?

    添縁 そうですね。家具や照明と同じで、開業する店舗の業態によって必要なものは異なると思いますが、調理台や作業台、冷蔵庫・冷凍庫、コンロやガスオーブン、シンク、食器棚、食器洗浄機などは基本的に必要でしょうね。あとは、調理用品や食器、おしぼり、清掃をする際の道具でしょうか。まずは、自分の店舗には何が必要なのか、あらかじめ書き出してみて、しっかり確認しておくことをおすすめします。

    ――厨房設備を揃えるのもコストがかかりそうですね。選ぶコツなどありますか?

    添縁 そうですね。選ぶコツというか、厨房設備を価格だけで選ぶのはおすすめできません。お客様にお料理を提供する"プロの厨房"だということを忘れずに、機能面にこだわって選ぶことが大切だと思います。使いにくい、調理に時間がかかる、すぐに壊れてしまった、そういう事態にならないよう厨房設備や機器は慎重に厳選し、良いものを選ぶようにしましょう。

    ――なるほど。わかりました。ちなみに「居抜き店舗」だと厨房設備などはどうなっているんでしょうか?

    添縁 居抜き店舗ですと、前テナントの内装や造作、設備や機器などがそのまま残っている状態です。そのまま譲り受けることができますので、初期費用を大幅に削減できるメリットがあります。ただ、使用年数などは事前に確認した方が良いですね。あまり古い設備であれば故障のリスクもありますので、問題点がないかをチェックすることも大切です。
    また、同じ業種での開業であれば問題ありませんが、別の業種で開業する場合は動線や設備が変わってきますので、厨房設備や給排水やガス管、電気の配線などを新しくされるオーナー様もいらっしゃいますよ。

    ――ああ、なるほど。そうですよね。逆に、結構新しい店舗を居抜きで譲り受けたとしても、「やはり設備を変えたい」と思う場合もありますよね?そういった時も添縁さんでは相談に乗っていただけるんですか?

    添縁 もちろんです。不動産店舗のことならいつでもお気軽にご相談ください。

  • 最新記事

    カテゴリ
    #店舗づくりのポイント #仲介業者の選び方 #開業準備 #店舗設備 #資金関連 #物件選びのポイント

> コラム > 飲食店の開業にはどんな家具や設備が必要?(2)